トップ > 文化施設 > 平戸オランダ商館(1639年築造倉庫)

平戸オランダ商館(1639年築造倉庫)

平戸オランダ商館-1

平戸オランダ商館-2

平戸港一帯は、1609年(慶長14)和蘭船が入港し、1641年(寛永18)長崎出島に移転するまでの約33年間、平戸が我が国唯一のオランダ貿易港として賑わった。 商館は当初、土蔵付き民家を借りてスタートしたが、その後周囲の民家を壊して、新たに建築。本館をはじめ、宿泊所、調理場などが整備されていった。貿易の積荷を保管する倉庫も何棟も建築され、1639年には日本ではじめての西洋の石造建造物とされる 「1639年築造倉庫」が完成。1641年、幕府の命により商館は取り壊され貿易は長崎出島に移転した。

2011年9月20日にオープンした「平戸オランダ商館」はこの倉庫を忠実に復元した貴重な建物である。中には当時の貿易に関する史料や貿易品などを展示している。

所在地

〒859-5104  平戸市大久保町2477

入館

開館時間

午前8時30分~午後5時30分

休館日

毎年6月第3火・水・木曜日

入館料

大人300円 子ども200円 (団体割引は20名以上1割引)

障がい者(手帳提示) 100円

交通

平戸港交流広場から徒歩5分

駐車場

身体障がい者用駐車場

上記以外の方は2時間無料の平戸港交流広場駐車場をご利用ください。

お問合せ

平戸オランダ商館 0950-26-0636

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る