本文へ移動


トップ > 産業・ビジネス > 農林業 > 伐採および伐採後の造林の届出制度


伐採および伐採後の造林の届出制度

産業・ビジネス

森林を伐採するときは事前に届出をすることが必要です

地域森林計画の対象となっている民有林(以下「地域森林計画対象森林」という。)で立木を伐採する場合は、森林法第10条の8の規定により、「伐採および伐採後の造林の届出書」を提出しなければなりません。また、伐採後の造林が完了したときは、事後に森林の状況の報告が義務付けられています。

届出者

森林所有者(森林所有者その他権限に基づき森林の立木の伐採を行う人)

(注)伐採をする人と伐採後の造林をする人とが異なる場合や、森林所有者と伐採をする人が異なる場合は、連名で提出してください。

対象となる森林

保安林および保安施設内の森林を除く民有林(地域森林計画対象森林)

(注)届出が不要となる場合がありますので事前にご相談ください。

届出期間

 伐採を開始する日の90日~30日前まで

届出事項

  • 森林の所在場所、面積、期間、方法など(様式は別添を参照ください)
  • その他添付書類 伐採個所の位置図および区域図、土地登記簿謄本(写し可)、公図(写し可)、伐採に係る承諾書・協定書など(所有者以外の者が届出する場合)

その他

以下の場合は、許可等が必要となりますので、県北振興局森林土木課(0956-22-1776)へご相談ください。

  • 保安林に指定されている区域での伐採および作業
  • 森林の面積が1haを超える開発に伴う伐採

お問い合わせ先

農林水産部 農林課 農林整備班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3936

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る