トップ > くらし・手続き > 暮らし・住まい > 田舎暮らし情報 > 平戸市空き家バンク制度(空き家を貸したい・売りたい)について


平戸市空き家バンク制度(空き家を貸したい・売りたい)について

くらし・手続き

平戸市空き家バンク制度とは

この制度は、自分の持っている空き家を賃貸または売却したい人と、平戸市への定住を目的として住宅を探している人がそれぞれ登録し、空き家の情報提供を通じて市内への移住・定住を推進し、地域の活性化および空き家の有効活用を図る制度です。

空き家バンク制度の概要​​​

空き家バンクに登録できる空き家

  • 平戸市内にある建物であること。
  • 居住を目的として建築され、現に居住していない建物(物件が建つ敷地を含む)であること。なお、共同住宅(アパート)などの賃貸などを目的とする建物は除きます。
  • 適正に管理されている建物であること。

物件登録ができる人

  • 空き家に係る所有権その他の権利を有し、当該空き家の賃貸または売却を行うことができる人。
  • 売買の場合、物件(建物・土地)の登記が完了している人、または登記を行う予定の人。
  • 契約成立するまで責任をもって管理ができる人。

物件登録の流れ

1.空き家バンク事前相談簿等の提出

下記様式および土地・建物の登記事項証明書の写しをご提出ください。

問い合わせ

建設部 都市計画課 建築班

TEL:0950-22-9166(受付時間:午前8時30分~午後5時15分)

2.現地調査

建物の状態を確認するため、市職員が現地調査を行います。現地調査には立会いが必要です。

(注意1)建物の状態等によっては、空き家バンクに登録できない場合があります。

3.仲介事業者の選定

契約を仲介する不動産業者の選定が必要です。空き家バンク仲介事業者登録をしている不動産業者からご検討ください。空き家の利活用について、総合的なアドバイスを受けたい方は、空き家アドバイザー協議会長崎県平戸支部へお問合わせください。

4.空き家バンク登録申請書提出

下記様式および申請者の身分証の写しをご提出ください。

5.空き家バンク登録完了

平戸市ホームページ等で建物の情報を公開し、利用希望者を募集します。

(注意2)市は情報提供のみ行います。契約には一切関与いたしません。

平戸市の助成制度について

空き家の活用促進と市内への移住定住者の増加を図るため、空き家バンク制度利用者を対象とした補助金を設置しています。詳しくは、下記ページをご確認ください。

空き家バンク関連サイト(外部)

市が運営する平戸市空き家バンク登録物件の情報は、市ホームページのほか、以下3つの移住関連サイトでも掲載し、全国のみなさんに空き家の情報を提供しています。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

建設部 都市計画課 建築班

電話:0950-22-9166

FAX:0950-22-4127

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)


トップへ戻る