本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 暮らし・住まい > 田舎暮らし情報 > 空き家情報登録制度


空き家情報登録制度

くらし・手続き

 空き家情報登録制度~「平戸市空き家バンク」制度のご案内~

空き家情報登録制度

「空き家バンク制度」とは

この制度は、自分の持っている空き家を賃貸または売却してもいいという人と、平戸市への定住を目的として住宅を探している人にそれぞれ登録していただき、空き家の情報提供を通じて市内への移住・定住を推進し、地域の活性化および空き家の有効活用を図る制度です。

募集物件

  • 平戸市内にある物件であること。
  • 居住を目的として建築され、現に居住していない建物(物件が建つ敷地を含む)であること。
    (注1)共同住宅(アパート)などの賃貸などを目的とする建物は除きます。

空き家バンクに登録できる人

  • 物件登録者・・・空き家に係る所有権その他の権利を有し、当該空き家の賃貸または売却を行うことができる人。
  • 利用登録者・・・空き家を利用し、平戸市に定住(生活)しようとする人。

契約交渉について

登録物件に利用登録者からの交渉・契約の申し込みがあった場合、仲介者として空き家バンクに登録がある宅地建物取引業者を仲介して手続きを行っていただきます。

物件登録者(空き家を貸したい・売りたい人)

市内にある空き家の売却・賃貸を検討中の人は、空き家バンクに所有する空き家を登録することができます。

登録方法

空き家についての基本的な情報を「空き家バンク登録カード」にご記入の上、「空き家バンク登録申請書」とともに、平戸市役所地域協働課に提出してください。

現地調査

空き家バンク登録申請書を提出いただいた後、空き家の状態などを確認したうえで、空き家を登録します。
(注2)空き家の状態や周囲の環境などによっては、登録をお断りする場合がありますのでご了承ください。

活用方法

空き家バンクへの登録後、市ホームページなどで外観写真や間取り、設備状況など詳細な情報を広く紹介します。
(注3)ただし、所有者の氏名・住所などの情報については、空き家利用の申し込みがあった場合のみ、利用者および仲介業者に公開します。

利用登録者(空き家を借りたい・買いたい人)

平戸市への定住を考え、空き家を探している人で、「空き家バンク」制度を利用したいという人は「空き家バンク利用者登録申請書」を平戸市役所地域協働課に提出してください。
また、利用登録後、市ホームページに掲載された空き家物件に興味があり、「所有者または不動産事業者と賃貸または売買に関する交渉を進めたい」といった場合は、「空き家バンク登録物件交渉申込書」を提出してください。

平戸市空き家バンク制度の概要

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

総務部 地域協働課 定住推進班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-5178

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る