本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 暮らし・住まい > 都市計画 > 平戸市老朽危険空き家除却事業補助金についてのご案内


平戸市老朽危険空き家除却事業補助金についてのご案内

くらし・手続き

平戸市老朽危険空き家除却事業補助金についてのご案内

平戸市では、老朽危険空き家に対して、解体する場合に、その費用の一部に対して補助金を助成しています。

補助対象の要件

次の1~6の用件をすべて満たす建築物が、対象建築物となります。

  1. 平戸市内にある建物
  2. 空き家であること
  3. 半分以上が一般の住宅として使用されていたこと(店舗などの事業用は対象外)
  4. 構造が、木造であること
  5. 老朽化について100点以上と職員による判定が行われたもの
  6. 敷地が道路などに接しており、道路などに影響を及ぼす恐れがある建物

補助金の額

補助対象経費の80%の2分の1以内で、上限額が80万円です。ただし国の標準除却額との、いずれか少ない額となります。(消費税は、対象外となります。)

申請に係る注意点

  1. 付属の倉庫・車庫・牛舎・門・塀などは、補助の対象外となります。
  2. 市税の滞納がないこと。
  3. 事前着手は、補助対象になりません。
  4. 解体跡地は転売できません。(転売目的での補助金申請はできません。)
  5. 除却工事は、市内の許可業者に請け負わせること。
  6. 申請は1敷地1申請とし、複数棟ある場合でも、1件となります。
  7. 申請者が相続人、委任者などの場合は、証明する戸籍謄本、委任状などが必要です。
  8. 老朽などの調査を職員が事前に行い、対象建物の補助対象の可否を判定します。

必要書類

  1. 工事計画書(様式第4号)
  2. 事前調査結果通知書の写し
  3. 補助金交付申請書(様式第3号)
  4. 解体工事費の見積もり書
  5. 建物の登記など証明できる書類、印鑑証明書
  6. 所有者を証明できる書類
  7. 相続人、委任者などについては、証明できる書類
  8. 写真
  9. 案内図、平面図、床面積求積図

申込期間

毎年度12月28日まで、ただし、予算に達した場合は受付終了となります。

事前協議について

都市計画課の建築職員による事前協議が必要です。(様式第1号)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

建設部 都市計画課 建築営繕班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4127

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る