本文へ移動


トップ > 新着情報 > 2021年 > 新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目接種)について


新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目接種)について

くらし・手続き

追加接種(3回目接種)について

新型コロナウイルスワクチンの効果は、2回接種後、時間の経過とともに、低下することが報告されています。平戸市は、感染拡大防止・重症化予防の観点から、低下したワクチンの効果を高めるために、国の方針に基づき、追加接種(3回目)を実施します。

追加接種の概要

追加接種の概要
対象者 以下のすべてを満たす人
2回目接種日から5か月(注1)経過した12歳以上の人(年齢は接種日時点)
日本国内で、初回接種(1,2回目)または初回接種に相当する接種(注2)が完了してる人
回数 1回
料金 無料
使用ワクチン 初回接種(1,2回目)に用いたワクチンの種類に関わらず、ファイザー社製ワクチン・武田/モデルナ社製ワクチン・武田社製(ノババックス)ワクチンを使用する。注)武田/モデルナ社製ワクチンは、追加接種では、0.25mlと初回接種の半量. 12歳から17歳については、ファイザー社製のみ使用する。
接種開始 12月1日(医療従事者より開始)
実施期間 令和3年12月1日~令和4年9月30日

(注1)令和4年5月25日法改正により接種間隔が5か月になりました。5か月の考え方:2回目接種日の5か月後の同日。同日がない場合は、翌月1日。

(注2)次の人が初回接種に相当する接種を受けた人です。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社製のワクチン、武田/モデルナ社製ワクチン、アストロゼネカ社製、武田社製(ノババックス)のいずれかのワクチンを接種している場合に限ります。

ア)海外で2回接種した人、イ)海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した人、ウ)在日米軍従業員接種で2回接種した人、エ)製薬メーカーの治験などで2回接種した人

追加接種 接種券の発送について

接種券は2回目接種日から原則5か月経過する週に発送する予定です。同じ年齢の人でも、2回目の接種日によって接種券の到着日が異なります。 

注)接種時期については、ワクチンの供給状況等により変更することがあります。予約時にご確認ください。

お願い)上記発送予定日より一週間経過したにも関わらず、自宅に接種券が届かない場合は、平戸市コロナウイルスワクチン接種推進チーム(22-9106)へお問い合わせください。

初回接種(1・2回目)と異なる種類のワクチンを用いた追加接種(交互接種)について

初回接種(1・2回目)において、ファイザー社製のワクチン、武田/モデルナ社製ワクチンを接種した人は、追加接種では、初回接種に用いたワクチンに関わらず、ファイザー社製のワクチン、武田/モデルナ社製ワクチンのいずれかを使用することができます。

国の資料では、3回目接種後7日以内の副反応は、初回接種と同じワクチンを接種した場合と、異なるワクチンを接種した場合のどちらでも安全性の面で許容されることが報告されています。また、初回接種でファイザー社ワクチンを接種した人が、追加接種でファイザー社ワクチンを接種した場合と、武田/モデルナ社製ワクチンを接種した場合のいずれにおいても、抗体が十分上昇することが分かっています。

詳しくは、厚生労働省作成の資料をご覧ください。PDFファイル(403KB)

ワクチン接種場所と予約

接種場所

市内医療機関での「個別接種」

予約方法

市コールセンターまたは、医療機関への電話予約  接種医療機関と予約先についてはこちらワードファイル(19KB) ワードファイル(20KB) 

 接種を希望する人は、接種券がご自宅に届き次第、予約を行ってください
 ただし、3回目接種日は、2回目接種日から5か月以降となります。(例:2回目接種日が令和3年10月12日の場合→3回目は令和4年3月12日以降)

お願い) ワクチン接種は強制でなく、本人の意思に基づいて接種を受けるものです。接種を望まない人に、接種を強制することはありません。職場や周りの人などに接種を強制するなど、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることがないようお願いします。

  • 平戸市外で接種を希望する人へ
    やむを得ない事情がある場合には、「住所地外接種届」の申請を行うことによって、住民票所在地以外の接種会場で接種を受けることができます。平戸市外で接種を希望する人は、接種会場が所在する市町村までお問合せください。
  • 平戸市で住所地外接種を希望する人へ
    平戸市に住民票がない人で、初回接種(1,2回目)同様、住所地外接種を希望する人は、再度、「住所地外接種届」の申請が必要です。

なお、勤務先で接種する医療従事者など、届出はせずに接種できる場合もあります。ご不明な点は、平戸市新型コロナウイルスワクチン接種推進チームまでお問合せください。 

詳細はこちら⇒新型コロナウイルスワクチン接種の住所地外での接種について

接種券の発行申請が必要な人について

下記に該当する人は、接種券の発行申請が必要です。発行申請しないと、市より接種券は届きません。

  • 2回目接種完了日から5か月経過するが、接種券が送られてこない人 
  • 2回目接種終了後に、平戸市へ転入した人  
  •  海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した人
  •  在日米軍従業員接種で2回接種した人          
  •  製薬メーカーの治験等で2回接種した人
  •  海外で初回接種(1,2回目)を受けた人

申請方法と交付方法

いずれかの方法により申請をし、必要書類を提出してください。

申請方法

内容

交付方法

WEB申請

コロナワクチンナビ(厚生労働省)より申請が可能です。

申請受付後、接種対象発送時期(2回目接種日より5か月経過する週)に郵送します。申請のタイミングによっては、送付までお時間をいただく場合があります。

郵送申請

下記の住所へ必要書類を郵送してください。

送付先)〒859-5121 平戸市岩の上町1529番地 平戸文化センター内  平戸市新型コロナウイルスワクチン接種推進チーム 宛 「追加接種用接種券発行申請書在中」

窓口申請

本庁(市民課総合窓口)、各支所・出張所、平戸文化センター内の新型コロナウイルスワクチン接種チームへ必要書類をご持参ください。

転入手続き当日は発行できません。

接種対象発送時期(2回目接種日より5カ月経過する週)に郵送します。

 

必要書類

郵送申請の場合、2、3は写しが必要です。(返却不可)

  1. 接種券発行申請書(追加接種用)PDFファイル(71KB)
  2. 1,2回目が接種済みであることを証明する書類 (接種済証、接種記録書、ワクチンパスポート、前住所地の追加接種用接種券のいずれか一つ) お持ちの場合
  3. 本人確認書類 (運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなどいずれか1つ)

12歳から17歳についての追加接種について

 追加接種の対象者が12歳以上に拡充されたため、3月29日(火曜)に接種券の発送を開始しました。2回目接種から5か月経過する対象者に対し、順次発送します。接種医療機関については、上記、予約方法の「接種医療機関と予約先」をご確認ください。

 16歳未満の小児の接種には、原則保護者の同伴が必要です。ただし、中学生以上の小児については、保護者が説明書を読み、予診票に保護者が自ら署名すること。また、予診票の電話番号記載欄に、緊急連絡先を記載すること。などの条件を満たせば保護者の同伴がなくても、予防接種を受けることができます。

 

市からの送付物

 初回接種(1、2回目)と追加接種(3回目)では送付物に変更があります。

追加接種市からの送付物

 

ワクチン接種の問い合わせ

ワクチン接種全般に関すること

平戸市新型コロナワクチン接種推進チーム

  • 電話 0950-22-9106(平日 午前8時30分~午後5時15分)

ワクチンの予約に関すること

平戸市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

  • 電話 0950-22-9107(平日 午前9時~午後5時)

長崎県が設置する専門相談窓口

長崎県コロナワクチンコールセンター

  • 0120-764-060(土日祝含む 24時間対応)
    相談事例 接種後腫れが引かない。病院受診した方がいいのかなど

国が設置するワクチンに関する電話相談窓口

厚生労働省ワクチンコールセンター

  • 0120-761-770(土日祝含む 午前9時~午後9時)

関連情報

新型コロナウイルスワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、首相官邸ホームページまたは厚生労働省ホームページをご覧ください。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

平戸市新型コロナウイルスワクチン接種推進チーム(健康ほけん課内)

電話:0950-22-9106

FAX:0950-23-8122

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る