トップ > 文化施設 > 生月町博物館「島の館」

生月町博物館「島の館」

生月町博物館「島の館」-1

生月町博物館「島の館」-2

九州の北西端に位置する平戸市生月島は、かくれキリシタンや古式捕鯨などの貴重な歴史文化を有しており、博物館はこれらを紹介する施設として平成7年に開館。展示スペースは、「勇魚とりの物語(捕鯨)」「島の暮らし(民俗)」「カクレキリシタン」「フィッシャーマンズアリーナ(漁業を魅せる展示)」の常設コーナーのほか、企画展や絵画展を行う企画展示室がある。

所在地

〒859-5706  平戸市生月町南免4289-1 

入館

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館時間 午後4時30分)

休館日

1月1日~2日 ほか臨時休館あり

入館料

島の館入館料
区分 大人 高校生 小中学生
一般 510円 300円 200円
団体15名以上 460円 270円 180円
団体50名以上 400円 240円 160円
団体100名以上 300円 200円 120円
障がい者割引 250円 150円 100円

その他、JAF会員証のご提示で15名以上の団体割引と同じ料金で入館できます。

交通

生月大橋から車2分

お問合せ

平戸市生月町博物館「島の館」 0950-53-3000

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る