トップ > 文化施設 > 鄭成功記念館

鄭成功記念館

鄭成功記念館

鄭成功は中国大陸で、明が衰退して清が勃興した時代の変革の大混乱期に「抗清復明」をかかげ大活躍した人物です。
父は中国人海商の首領「鄭芝龍」で明王朝の遺臣、母「田川マツ」は長崎の商人の娘で二人の間に日中混血の子として生まれました。幼名を「福松」、中国名「鄭森」といいますが、のちには明の隆武帝より、明王朝の国姓「朱」を賜ったことから「国姓爺」と呼ばれました。明王朝滅亡後は、オランダ支配下の台湾を制圧し、台湾の開発を促進したことから「開土王公」と呼ばれ、いまだに尊敬されています。
病没するまで明王朝復興を願い、大陸の清と戦い、日本では近松門左衛門の「国姓爺合戦」のモデルとして有名です。 
鄭成功記念館は、東アジアの英雄「鄭成功」が7歳まで育った世界にひとつしかない生家を再現するとともに、「鄭成功」の偉業を顕彰し後世に伝えるため再現されたものです。

山門

平成28年9月には、鄭成功記念館へと続く参道の入り口に「鄭成功記念館山門」が完成しました。

所在地

〒859-5132  長崎県平戸市川内町1114番地2 (電話0950-24-2331)

入館

無料(午前8時30分~午後5時) 水曜休館

駐車場

障がい者用1台、一般の人は漁港駐車場をご利用ください。

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る