トップ > 文化施設 > 切支丹資料館

切支丹資料館

切支丹資料館

 

資料館のある根獅子地区は、キリシタン禁教以来殉教の地となったが、追及の手を逃れるため、信者達は表面上、仏教徒となり隠れてキリスト教の信仰を続けた。1873年(明治6)禁教令が解かれたが、納戸神(潜伏切支丹)の信仰を続けていた。しかし、近年世代交代とともに信仰が薄れつつあり、祭具などの散逸が危惧されるため、1982年(昭和57)切支丹資料館を建設し、資料を収集展示し、保存に努めている。

所在地

〒859-5376  平戸市大石脇町1502-1 

入館

開館時間

午前9時~午後5時30分

休館日

毎週水曜日・年末年始(12月29日~1月2日)

入館料金

大人200円 高校生150円 小中学生70円(団体割引は30名以上 2割引)

障がい者割引(手帳提示) 大人150円 高校生70円 小中学生無料

 

交通

平戸大橋から車40分

駐車場

無料駐車場有

お問合せ

切支丹資料館 0950-28-0176 

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る