トップ > 文化施設 > カトリック紐差教会

カトリック紐差教会

カトリック紐差教会-1

カトリック紐差教会-2

大規模な天主堂で、旧浦上天主堂が原爆によって倒壊した後は、日本最大の天主堂といわれた。外部はロマネスク様式で、内部にはアーチと美しいステンドグラスがはめ込まれ、鉄川与助(設計者)の特徴である花柄の模様が豊かに飾られている。キリスト教の空間に日本の仏教的な空間が入り混じり、変化のある雰囲気を見せている。もちろん見学に行くことは構わないが、観光施設ではないのでちょっと気を使ってほしい。

所在地

〒859-5361  平戸市紐差町1039 

交通

平戸大橋から車30分

駐車場

あり

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る