トップ > 文化施設 > 焼罪史跡公園

焼罪史跡公園

焼罪史跡公園

 

1622年、キリスト教禁令の中、布教活動・救済事業を行ったイタリア人宣教師カミロ・コンスタンツォ神父が火刑に処せられた。平戸瀬戸を望む小高い丘の洋風庭園に「殉教の碑」があり、悲しい時代を今に伝えている。

所在地

〒859-4826  平戸市田平町野田免

交通

平戸大橋から松浦方向へ車5分

駐車場

あり

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る