トップ > 平戸の紹介 > 今月の一枚 > 2020年 > 高さ約20m、南北500mに渡る柱状節理「塩俵の断崖」

高さ約20m、南北500mに渡る柱状節理「塩俵の断崖」

塩俵の断崖の写真

生月島の西部の海岸線は、ほとんどが断崖ですが中でもひときわ不思議な形をしているのが、この塩俵の断崖です。この奇岩は柱状節理といい、溶岩台地の上に玄武岩が重なり、垂直方向に亀裂が入って5〜7角形の断面を作ることにより、あたかも柱がいくつも立っているような形になっています。およそ600~1,000万年前、海底の火山活動で誕生し、隆起した溶岩台地が波で削られて誕生したものいわれています。南北に500m、高さ約20mの規模があり、その見事な景観は、長崎県新観光百選にも選ばれています。

お問い合わせ先

総務部 人事課 秘書広報班

電話:0950-22-9102

FAX:0950-22-2419

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)



トップへ戻る