トップ > 歴史 > 平戸城

平戸城

平戸城

平戸城天守閣

平戸城は、別名亀岡城と呼ばれ、平戸瀬戸に突出した平山城である。 第29代天祥鎮信は、平戸古城の再築(日の岳城を1599年築城、1613年焼く)を図り、山鹿素行とともに設計を行い、1704年30代雄香棟が着工、1718年(享保3)31代松英篤信の時亀岡城として落成した。 山鹿流による築城は他には聞かれない。 現在の城は1962年(昭和37)復元(天守閣三層五階建)され、その後櫓も随時整備された。2019年(令和元年)10月から大規模改修工事のため休館し、2021年(令和3年)4月からリニューアルオープンしています。

所在地

〒859-5121  平戸市岩の上町1458

入館

開館時間

午前8時30分~午後6時00分(4月1日~9月30日)

午前8時30分~午後5時00分(10月1日~3月31日)

休館日

12月30・31日

入場料金

大人520円 高校生310円 小中学生200円 (団体割引は30名以上2割引)

交通

平戸港交流広場から徒歩15分、平戸大橋から車5分

駐車場

無料駐車場有(天守閣までは徒歩)

お問合せ

平戸城 0950-22-2201

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-9140

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)



トップへ戻る