トップ > 歴史 > ポルトガル船入港碑

ポルトガル船入港碑

ポルトガル船入港碑

ポルトガル船入港碑

宮の町前の本通りが、当時は海岸で、ここらがポルトガル船最初の入港場所であろうといわれている。 海商五峰王直の手引きによって、ポルトガル船がはじめて平戸に入港したのは1550年(天文19)のことである。 1561年(永禄4)平戸人とポルトガル船員との間に、言葉が分からず商売のことから論争がおこり通りがかりの武士が仲裁に入り、かえって誤解をうけて激化し、喧嘩となり、ポルトガル船長以下十数名の死傷者を出す事件が生じた。 たまたま宮の前であったことから、俗に「宮の前事件」と呼ばれている。

所在地

〒859-5104  平戸港交流広場内(平戸市崎方町776-6) 

交通

平戸港交流広場内

駐車場

あり

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る