トップ > 歴史 > じゃがたら娘像

じゃがたら娘像

じゃがたら娘像

じゃがたら娘像

1639年(寛永16)幕府は、平戸のオランダ商館長に対して、長崎平戸に居住するオランダ人子女を調査し、その氏名と両親の氏名を書き出すように命じ、蘭英両国人に嫁がして子女を産んだ日本婦人とその子女はひとり残らず、この年出帆のオランダ船でバタビア(今のジャカルタ)に送り届けるよう申し渡された。 長崎平戸の婦女子40人余がこの年追放された。 これら追放された婦女子は、帰国は許されなかったが、切支丹信仰に関係ない手紙・進物等の文通は許された。ジャガタラ文は、ジャガタラ(バタビア)に追放された婦女子から故郷に送られてきた手紙で、貴重な資料である。

所在地

〒859-5104  平戸港交流広場内(平戸市崎方町776-6)

交通

平戸港交流広場内

駐車場

あり

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る