トップ > 歴史 > フランシスコ・ザビエル記念碑

フランシスコ・ザビエル記念碑

フランシスコ・ザビエル記念碑

フランシスコ・ザビエルは、1550年(天分19)鹿児島を経て平戸を訪れ、短期間ではあるが都合三度平戸を尋ねて、領主隆信の許しを得て、平戸にはじめてのキリスト教の布教伝導にあたった。 その事跡を偲んで、1949年(昭和24)フランシスコ・ザビエル来朝400年を記念して崎方公園の高台に、白の大理石造りの記念碑が建てられた。 十字架をかたどる碑の中央に刻まれたザビエルの胸像の視線は、遠くエルサレムを望んでいるという。

所在地

〒859-5102  崎方公園内(平戸市大久保町2529) 

交通

平戸港交流広場から徒歩10分

駐車場

なし

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る