トップ > 自然 > 黒子島

黒子島

黒子島

平戸瀬戸に浮かぶ約3ヘクタールの小島である。古くから弁財天が祀られている。原始性が高いこの島は、国の天然記念物および西海国立公園の特別保護地区に指定されているため、上陸は不可。島全体に亜熱帯性植物が繁茂し、鬱蒼たる老樹が林立している。 島全体の原始性が高く、国指定天然記念物および、西海国立公園の特別保護地区に指定されている。 島の大部分は、スダジイとタブノキを主木とし、樹高は18m幹径70センチを越す。クロガネモチ、ホルトノキ、ヤブニッケイ、シロダモなど常緑樹が茂り、中にはアコウの巨木も見られる。

所在地

〒859-5102  平戸市大久保町

交通

上陸不可

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る