トップ > 小学校・中学校 > 大島中学校 > 教育目標

教育目標

平成29年4月3日

平成29年度 学 校 経 営 基 本 方 針

平戸市立大島中学校 校長 川内 康範

1 学校教育方針

教育基本法および県・市の教育方針に基づき、地域社会の実態と生徒の心身の発達並びに特性をふまえ、視野の広い人間性豊かな心身ともに調和の取れた生徒の育成を図るとともに、人間愛を基調とする学校教育を推進する。

(1)  自主性を養い、学習意欲を高め、生涯学習の基礎を培う。

(2)  人格を尊重し、個性を伸ばし、お互いが支えあう。

(3)  豊かな情操を培い、公徳心を養い、誠意を持って実践する。

(4)  生命尊重の精神を高め、食育の推進と健康安全の徹底を図る。

 

2 校訓 郷土を愛し 明るく素直でたくましく

 

3 学校教育目標

   思いやりと実践力を持つ人間性豊かな生徒の育成

 

4 目指す生徒像

(1) 心豊かで思いやりのある生徒

(2) 心身を鍛え、たくましい生徒

(3) 自ら学び、やる気あふれる生徒

 

5 目指す学校像

(1) 「生きる力」を育てる学校

(2) 学力向上を目指す学校

(3) 秩序ある中で生き生きとした学校

(4)  地域とのふれあいを大切にする学校

(5)  教師と生徒・保護者間に信頼関係のある学校

 

6 目指す教師像

(1) 生徒を見つめ、心のふれあいを大切にする教師

(2) 使命感に徹し、範を示す教師

(3) 感性を磨き、学び続ける教師

 

7 教育の原点

(1) 一人一人の子どもは「かけがえのない存在」である。

(2) 「学校は生徒のため」に存在する。

(3) 教育における中心課題は、「心の教育」・「心を美しく育てる」ことである。

(4)  教師は最大の教育環境である。

 

8 努力目標

  (1) 豊かな心の育成

 ・思いやりの心を育み、他者を慈しみ、進んで奉仕ができる態度を養う。

 ・認め・ほめる教育を通して、人間尊重の精神を養う。

 ・感性と表現力を磨き、相手の心を受けとめる資質を育てる。

 ・「考える道徳」、「議論する道徳」への転換を図り、道徳教育の充実を図る。

 ・ボランティア活動や草花の育成を通して、他者への思いやりや郷土愛を養う。

 ・朝読書の取組や家庭での読書啓発を通して豊かな心を涵養する。

  (2) 学力の定着と向上

 ・学習規律の定着を図り、基本的な学習(自学自習)態度を育成する。

 ・基礎的・基本的内容の確実な定着を図り、学力の向上に努める。

 ・ICT活用を推進し教材の工夫と授業改善に努め、わかる授業を目指す。

 ・日々の授業の中に、話し合ったり自分の考えを発表したりする機会を設定し、言語活動を充実させるとともに、主体的に学ぶ生徒の育成に努める。

 ・生徒理解に努め、一人一人の能力と意欲に応じた個別指導の充実に努める。

 ・課題解決に向かい主体的・創造的に取り組む総合的な学習の時間の実践に努める。

 ・3学年は生徒数1名であるため、必要に応じて他学年と合同の授業形態を取るなど、カリキュラム・指導方法の工夫改善に努める。

 ・『フォーサイト(生活ノート)』の活用を通して、見通しを持ち、主体的に取り組む態度や自己管理力自立力を育成する。

  (3) 人権教育の推進

 ・年間を通した人権・平和教育を通して、人権・平和の大切さを理解させる。

 ・人権に関する「知的理解」と「人権感覚」の両方を正しく育む。

 ・ともに支え合う集団づくり、けっして差別・いじめを許さない心を育てる教育を推進する。

 ・男女共生教育を推進する。

 ・小・中連携および地域と連携した人権教育を推進する。

 ・「障がい者差別解消法」についての理解を深め、合理的配慮が適切にできているかを常に確認する。

  (4) 生徒指導の充実

 ・学期別重点目標を設定して、基本的生活習慣の育成と定着を図る。

 ・学年学級経営を充実させ、生徒理解の視点に立ち、積極的な生徒指導を推進する。

 ・自主的・自律的な態度の育成を目指して、活発な生徒会活動を展開する。

 ・学校・家庭・地域・外部関係機関との連携を密にして指導にあたる。

  (5) 特別支援教育の充実:「個の特性に応じた教育支援」の充実

 ・コーディネーターを中心に支援のあり方について研修を深め、全職員で適切な対応に努める。

 ・保護者・外部関係機関との連携を図り、積極的な支援に努める。

 ・インクルーシブ教育の視点をふまえた学校経営を行う。

(6) キャリア教育の推進

 ・キャリア教育全体計画に基づき、「自分は何を大切にし、どう生きていくのか」という視点を大切にした指導を行う。

 ・キャリア教育を「働くことへの準備教育」だけでなく「将来さまざまな人間関係を結んでいくことへの準備教育」、「市民や主権者となるための準備教育」「生涯学習への準備教育」として捉え、生徒たちが将来、自立した大人へと成長することを目標とする。

 ・「人間関係形成・社会形成能力」「自己理解・自己管理能力」「課題対応能力」「キャリアプランニング能力」を育成するという観点で、学校行事や「総合的な学習の時間」、各教科、道徳、図書館教育などを捉え直し、評価・改善に取り組む。

 (7) 健康で安全な生活の推進

 ・食育の推進と規則正しい生活リズムを身につけさせる。

 ・学校内外の安全指導を徹底し、健康・安全の保持増進に努める。

 ・文化活動や運動に積極的に取り組ませ、心身の健全な育成を図る。

 ・学校環境の美化とともに、施設設備の点検と保守改善を図る。

「大島中学校いじめ防止基本方針」は、こちら → files/29ijimebousi.pdfPDFファイル(145KB)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

大島中学校

電話:0950-55-2043

FAX:0950-55-2001

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る