トップ > 小学校・中学校 > 中部中学校 > 「2022年度 家庭学習のてびき」が完成しました。

「2022年度 家庭学習のてびき」が完成しました。

令和4年度   

平和4年度は、個に応じた効果的な家庭学習の仕方を研究してきました。

「ホップ段階→ステップ段階→ジャンプ段階」と

学年によらず、それぞれが自分の段階応じた学習ができるような「家庭学習のてびき」を目指しました。

保護者には「三つ折りにしたパンフレット」を配付し

生徒は「ラミネートして下敷き」として利用することで、いつでも見ることができるようにしています。

かていがくしゅうのてびき

かていがくしゅうのてびき2

家庭学習のてびきPDFファイル(655KB)

 

[ クロームブックの利用について ]

クロームブックは、役に立つ学習道具であると同時に、ハサミや彫刻刀のように、

危険を伴う学習道具であります。

そこで、昨年度から、利用のルールについて生徒とともに考えてきました。

リーフレットができましたのでご覧ください。

 

クロームブックケースに入れるリーフレット「タブレット端末利用 10の約束」

10の約束

 

学級掲示用のリーフレット「Chromebook(タブレット端末)の利用について ~学校編~ 」

掲示用

今年度の校内研修の研究主題は、昨年度のものを引き継ぎましたので、さらに深めていきたいと思います。

また、体罰・不適切指導の根絶」や「いじめ防止対策推進法といじめ防止基本方針」「緊急時の対応」など

についても校内研修を実施する予定です。

 

研究主題 「主体的・対話的で深い学びをする生徒の育成」

     ~ICTのよさを生かした指導の工夫~

   [研究内容]

     1 授業づくり                   2 学力向上

       (1) 学習課題の工夫                 (1) 各種学力検査の分析

       (2) 生徒に学習の見通しをもたせる工夫        (2) Q-Uの分析

       (3) タブレットを使った学習方法の工夫        (3) 学びのルールの徹底

       (4) ICTの活用の充実     

    〇 今年度は効果的な家庭学習について研修しています。

      昨年度までは、家庭学習を一律に「自学ノート2ページ」としていましたが、

      「効果的な学習ができていない生徒も多い」という反省から、

      下のようなリーフレットを作成し、

      3段階で、生徒自身が「自分に合った効果的な学習」ができるよう支援しています。

家庭学習

 

 

令和3年度 

令和3年度 学力向上プランPDFファイル(85KB)

 

研究主題 「主体的・対話的で深い学びをする生徒の育成」

    ~ICTのよさを生かした指導の工夫~

   [研究内容]

     1 授業づくり                   2 学力向上

       (1) 学習課題の工夫                 (1) 各種学力検査の分析

       (2) 生徒に学習の見通しをもたせる工夫        (2) Q-Uの分析

       (3) タブレットを使った学習方法の工夫        (3) 学びのルールの徹底

       (4) ICTの活用の充実     

      

       

平成30年度・令和元年度文部科学省委託、令和2年度長崎県教育委員会指定「人権教育総合推進事業」

研究主題 「人とのつながりの中で、仲間とともに伸びようとする生徒の育成」

~人権を尊重した、学び合い、関わり合う活動を通して~

研究発表会

  • 本校は平成30年度・令和元年度に文部科学省の委託、令和2年度に長崎県教育委員会の指定を受け、校区内の紐差小学校、根獅子小学校と人権教育の研究に取り組みました。令和2年11月6日(金)に研究発表会を実施することができました。
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

中部中学校

電話:0950-22-9247

FAX:0950-28-0026

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る