本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 宝亀教会


宝亀教会

文化・スポーツ

県指定有形文化財「宝亀(ほうき)教会」 Vol.18

宝亀教会は宝亀湾を見下ろす高台にあります。教会堂の建築は、マタラ神父(1856~1921)が明治30年に自ら指導してかかり、明治31年に完成しています。

建物は、木造切妻造り、単層屋根構造、屋根は瓦葺で、外側は下見板張りです。建物正面の玄関部分のみ1間が煉瓦造りとなっています。左右側面は露出させていますが、正面はモルタル塗り着色仕上げとなっています。
会堂部左右側面には下屋が付けられ、テラスが設けられています。

テラスと内部の側廊部は、床面まである出入可能な両開き窓を5面設けています。このようなテラスを持つ教会堂は、たいへん珍しいものです。この窓(ステンドグラス)から入ってくる光が内部を明るく、また神秘的な雰囲気を作り出しています。テラスの天井は斜め板張りの透かし天井となっており、長崎洋館などで見かけるテラスにも似た造りが行われています。

内部は三廊式で、主廊部正面に祭壇を設け、後部には香部屋へ通じる扉があります。香部屋には屋根裏部屋があり、明治38年(1905)まで司祭部屋として使われ、当時の天主堂の使われ方がよく残っています。

玄関上部に聖歌隊席があり、外からの階段で上がる仕組みとなっています。天井はリブ・ヴォールト(こうもり)天井で、すべてのアーチは尖頭形です。
宝亀教会は、木造から煉瓦造への過渡的な姿を示し、市内でも古い建物です。

文化財詳細情報
名称 宝亀(ほうき)教会
種別 県指定有形文化財(建造物)
指定年月日 平成15年3月25日
所有者 カトリック長崎大司教区
所在地 平戸市宝亀町

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る