本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 介護保険 > 介護保険料 > 介護保険料の納め方


介護保険料の納め方

健康・福祉

65歳以上の人は、受給している年金の額によって2通りに分かれます。

(注)受給している年金とは、老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金をいいます。老齢福祉年金は対象になりません。

65歳以上の人は、受給している年金の額によって2通りに分かれます

納め方

  1. 介護保険料の納付書、通帳、印かん(通帳届出印)を用意します。
  2. お近くの金融機関、もしくは市役所・各支所・出張所にて「口座振替依頼書」により申し込みます。

年金が年額18万円以上でも、次の場合は一時的に納付書で納めることがあります。

  1. 年度途中で65歳(第1号被保険者)になった場合
  2. 他の市区町村から転入した場合
  3. 年度途中で年金の受給が始まった場合
  4. 収入申告のやり直しなどで、保険料の所得段階が変更になった場合
  5. 年金が一時差し止めになった場合 など

お問い合わせ先

福祉部 長寿介護課 介護保険班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4421

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る