本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 後期高齢者医療 > 給付 > その他の給付


その他の給付

健康・福祉

下記に該当する場合は、申請により支給があります。
申請書は市役所または支所・出張所窓口に備えておりますので、「申請に必要なもの」をご持参いただき、窓口でお手続きください。

入院時に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が提示できなかったとき

所得区分が低所得1又は低所得2の方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関窓口に提示することで、食事代の減額が受けられます。
しかし、急病や事故などで「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示ができずに、減額されないままの食事代を支払った方は、申請により「認定証」の提示ができなかった理由が、やむを得ないと認められた場合、差額分が支給されます。

申請に必要なもの

  • 領収書(コピーでも可)
  • 保険証
  • 個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
  • 印かん
  • 口座の確認ができるもの

移送費がかかったとき

お医者さんの指示によるもので、やむを得ない事情で入院や転院などの移送に費用がかかったとき、申請して認められた場合、「移送費」が支給されます。

申請に必要なもの

  • 移送を必要とする医師の診断書(意見書)・証明書
  • 領収書(コピーでも可)
  • 保険証
  • 個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
  • 印かん
  • 口座の確認ができるもの

被保険者が死亡したとき

被保険者が亡くなったときは、申請により、葬祭を行った方に「葬祭費」として2万円が支給されます。

申請に必要なもの

  • 会葬礼状
  • 保険証
  • 印かん
  • 葬祭を行った方の口座の確認ができるもの

お問い合わせ先

市民生活部 健康ほけん課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る