本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 後期高齢者医療 > 給付 > 医療と介護の負担が高額になったとき(高額介護合算療養費)


医療と介護の負担が高額になったとき(高額介護合算療養費)

健康・福祉

高額介護合算療養費とは

世帯内で医療と介護の両保険から給付をうけることによって、自己負担限度額が高額になった時は、両保険の1年間(8月から翌年7月まで)の自己負担額を合計して、下記の限度額を超えた場合は、申請すると超えた分が支給されます。

(注1)申請が必要な方には、長崎県後期高齢者医療広域連合から通知をお送りします。
通知の時期は保険の有効期限が満了してから約半年後にお送りしています。
(注2)高額療養費と違い、申請が必要な方は毎年申請していただく必要があります。
通知が届いた方は申請もれのないようご注意ください。

医療と介護を合算した年間の限度額
所得区分(注3) (後期高齢者医療+介護保険)
自己負担限度額
現役並み所得者 67万円
一般 56万円
低所得2 31万円
低所得1 19万円

(注3)所得区分については、「所得区分」をご参照ください。
 

お問い合わせ先

市民福祉部 市民課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る