本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 御崎浦捕鯨納屋場跡


御崎浦捕鯨納屋場跡

文化・スポーツ

市指定史跡「御崎浦捕鯨納屋場跡(みさきうらほげいなやばあと)」 Vol.3

生月島壱部浦を本拠とする益冨組は、最盛期の江戸時代後期には5つの網組を擁し、3千人もの従業員が働く、古式捕鯨業時代で最大規模の鯨組でした。生月島の北東岸にある御崎浦は、享保14年(1729)に益冨組が舘浦から漁場を移した後、明治30年代に至るまで約170年にわたり鯨組の納屋場として利用されました。

天保3年(1832)刊行の捕鯨図説『勇魚取絵詞』を見ると、当時御崎浦にあった益冨組の納屋場では、前面の波打ち際で鯨の解体が行われ、陸上には鯨の加工を行う大納屋、小納屋、骨納屋、筋納屋のほか、船や道具の修理をする前作事場関連の建物群、さらに500人もの従業員が暮らす長屋が所狭しと並んでいました。

現在それらの施設は僅かに礎石を残す程度ですが、北側斜面には、納屋場の守り神として祀られてきた岬神社の石祠が現存し、祠の屋根には、益冨組の船印と組の紋が刻まれています。現在、壱部浦の白山神社に合祀されている鯨恵比須像も、元はここに在ったと言われています。また納屋場の後背地には、他所から鯨組に働きに来ていて亡くなった人達の墓地が残り、墓碑銘には備後田島(広島県福山市)から来た網漁師の名も確認できます。御崎浦の南側にある古賀江浦は、捕鯨に用いた苧(麻)網を干す網干場として利用されました。現在も60センチほどの大きさの多角形の平石を敷き詰めた網干場の遺構が、海浜公園の中に保存されています。

文化財詳細情報
名称 御崎浦捕鯨納屋場跡(みさきうらほげいなやばあと)
種別 市指定史跡
所在地 生月町壱部免
指定年月日 昭和46年3月29日

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る