本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 海寺跡のハクモクレン


海寺跡のハクモクレン

文化・スポーツ

県指定天然記念物 「海寺跡のハクモクレン」 Vol.5-1

毎年3月中ごろ、田平町の瑞石山無量寿院海寺(通称「海寺」)跡に、大形の白い花を咲かせるハクモクレンの巨木があり、遠く平戸大橋からもその姿を望むことができます。
県の天然記念物に指定されているこのモクレンは、まれに見る巨樹で、目通り幹周り2.2 m、高さ15m。全国の天然記念物を調査している日本植物保護推進会議の調査(平成4年6月実施)によると、ハクモクレンとしては日本一の大きさということです。
ハクモクレンは、中国原産のモクレン科の落葉高木で、樹齢は言い伝えによれば1千年といわれていますが、少なくとも600年は経過しているものと推定されています。

文化財詳細情報
名称 海寺跡のハクモクレン
種別 県指定天然記念物
指定年月日 昭和54年4月27日
所有者 個人所有(管理・平戸市)
所在地 平戸市田平町山内免

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る