本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 平戸口のビロウ自生地


平戸口のビロウ自生地

文化・スポーツ

県指定天然記念物「平戸口(ひらどぐち)のビロウ自生地」 Vol.5-3

ビロウは、ヤシ科に属する亜熱帯系の常緑高木で、高さも20m近くに成長します。台湾から琉球列島などを経て、九州の東西両岸や離島に分布しており、主に海岸に面した森林内に自生しています。

平戸口のビロウは、田平町の野田熊野神社の境内に大小20本が自生しており、九州本島における自生地の北限として貴重なことから、昭和31年に県の天然記念物に指定されています。

文化財詳細情報
名称 平戸口(ひらどぐち)のビロウ自生地
種別 県指定天然記念物
指定年月日 昭和31年4月6日
管理者 平戸市
所在地 平戸市田平町山内免

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る