本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 大島の六斎念仏


大島の六斎念仏

文化・スポーツ

市指定無形民俗文化財「大島の六斎(ろくさい)念仏」 Vol.9-2

踊念仏の祖といわれる空也上人(903~972)の「空也上人絵詞伝下」に『斎日ごとに太鼓鉦を叩くきて念仏を唱え…俗呼びて六斎念仏といひ伝えたり』との記事があるとのことで、斎日は事を慎み斎戒するものとされていました。

純粋に「南無阿弥陀仏」の称号を繰り返し和讃し、念仏踊りの原点に近く完全な形で残っているのは全国的にも少ないといわれています。
大根坂地区で伝承され、お盆に奉納されていましたが、現在は休止状態となっています。

文化財詳細情報
名称 大島の六斎(ろくさい)念仏
種別 市指定無形民俗文化財
指定年月日 昭和61年3月31日
保護団体 大島村盆踊振興会
大根坂盆踊盆踊保存会
奉納場所 寺、墓所、個人宅

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る