本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 度島の盆ごうれい


度島の盆ごうれい

文化・スポーツ

県指定無形民俗文化財「度島(たくしま)の盆ごうれい」 Vol.10-2

平戸島の北部、平戸桟橋より船で30分ほどの場所にある度島に伝わる民俗芸能です。大名行列の形態をとっていることから、江戸時代、松浦家29代鎮信(天祥)のころに成立したといわれています。

祭りの芸態としては、幟、須古踊り、奴踊り、娘踊り、棒術から成ります。特に、全長約14mの幟が本村桟橋から歩く「吹き渡し」に特徴があり、海を背景に幟がひらめく風景は圧巻です。8月の期間中は島中が祭り一色に染まります。今日では島民の平和と豊年、豊魚を願う祭りとなっています。

文化財詳細情報
名称 度島(たくしま)の盆ごうれい
種別 県指定無形民俗文化財
指定年月日 昭和52年5月4日
保持団体 度島町民俗芸能保存会
所在地 度島町

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る