本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 甲子夜話


甲子夜話

文化・スポーツ

県指定文化財「甲子夜話(かっしやわ)」 Vol.14

第34代清(静山)は、学問を奨励した大名として知られ、隠居後は江戸に滞在し、江戸幕府大学頭林述斎と交流していました。彼の勧めにより、文政4年(1821)霜月甲子の夜より原稿を起こしたとされ、これをとって同書の表題が付けられたとされています。天保12年(1841)に82歳で没するまで、278冊、約7000項目について書き継がれました。
静山直筆による正本は所在不明ですが、第35代熈(観中)による副本が嘉永6年(1858)に完成していたことがわかっており、これが現在まで伝わっています。
副本についても14冊欠損が見られるため、これを補うため写本を含めて指定されています。

内容は当時の社会情勢、風俗、地理、狐狸妖怪まで広範囲におよび、挿図も極彩色に富み数多く描かれているのが特徴です。

文化財詳細情報
名称 甲子夜話(かっしやわ)
種別 県指定文化財
指定年月日 平成17年3月25日
所有者 松浦史料博物館
所在地 平戸市鏡川町

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る