本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 天降神社の石鳥居


天降神社の石鳥居

文化・スポーツ

市指定有形民俗文化財「天降神社の石鳥居」 Vol.15-3

神浦港を見下ろす神浦の天降神社に肥前型の石鳥居があります。柱に享保2年に藩主松浦公が奉納した旨が刻まれています。

鳥居の正面の建物(現在は倉庫)は江戸時代の拝殿であり、本殿は現在境内社となっている金毘羅宮で江戸中期のものと判明しています。

文化財詳細情報
名称 天降神社の石鳥居
種別 市指定有形民俗文化財
指定年月日 昭和61年1月17日
所有者 天降神社
所在地 平戸市大島村前平

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る