本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 阿値賀島


阿値賀島

文化・スポーツ

国指定天然記念物「阿値賀(あぢか)島」 Vol.16-1

阿値賀島は、平戸の西方約4kmあり、上阿値賀島、下阿値賀島の2島の無人島です。

総面積は32haで、外周には粗粒玄武岩の柱状節理が発達して断崖をなしています。この断崖部にはハマナデシコなどが散生し、海抜50mの山頂付近には森林が発達しナタオレノキ、アコウ、ビロウなどが茂っており、亜熱帯性植物群落の北限を代表する原始林となっています。

また、カラスバトやオオミズナギドリなど貴重な鳥が繁殖する場所ともなっています。
原始林としての様相を持つ本島は数千年変わらぬ姿を今に伝えています。

文化財詳細情報
名称 阿値賀(あぢか)島
種別 国指定天然記念物
西海国立公園特別保護地区
指定年月日 昭和51年9月17日(天然記念物)
昭和31年3月16日(国立公園)
所有者 平戸市
所在地 平戸市早福町

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る