本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 平戸遺産 > 塩俵断崖の柱状節理


塩俵断崖の柱状節理

文化・スポーツ

県指定天然記念物「塩俵断崖の柱状節理」 Vol.19

生月島の場所は、今から約1500万年前の新生代新第三紀中新世中期初頭には浅い海底で、そのころ、海底に堆積した礫、砂、泥、火山灰が岩(堆積岩)となっていき、平戸層群という地層が形成されました。その後、この海底は隆起して陸化しており、生月島の海岸近くでこの地層を観察することができます。

今から1000~600万年前には、この地方では大規模な火山噴火が何度も起き、その都度、溶岩流が大量に噴出して地表を覆い、平戸層群の上に何層にもわたる岩(松浦玄武岩)の層を作りました。溶岩は、その中に溶け込んだ物質によって粘性が左右されますが、生月島周辺で噴出したのは、粘性が低いさらさらした溶岩だったので、上に積もらず広く広がっていきました。そのためこの溶岩によってできた山は、頂上がなだらかな溶岩台地という地形になりました。生月島の南部にある山頭草原は、その地形の典型的な例です。

また、溶岩台地が海に交わるあたりには、波の浸食を受け、大規模な海食崖が発達しています。塩俵断崖もその一つです。
溶岩流が厚く積もって冷えて固まる際に、収縮することによってできる割れ目を節理といい、冷え方や溶岩の成分の具合によって、縦に柱状に割れていくことがあります。これを柱状節理と言い、水平方向の断面は多角形を成しています。

塩俵の断崖は、県内の柱状節理の中でも代表的なもので、南北約500mにわたって最大高さ20mほどの玄武岩の柱が並ぶ奇観を呈し、海際には、波によって切断された柱が、六角形の面を段違いに並べたようになっています。この形状が、昔、塩を運んだ俵に似ており、名前の由来になっています。

地質学的に非常に貴重な地形のため、平成元年に長崎県の天然記念物に指定され、多くの観光客が訪れています。

文化財詳細情報
名称 塩俵断崖の柱状節理
種別 県指定天然記念物
指定年月日 平成元年9月28日
所在地 平戸市生月町壱部免

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る