本文へ移動


トップ > 文化・スポーツ > 文化情報 > 世界遺産 > ローマ法王から平戸市に棚田米への感謝のお手紙


ローマ法王から平戸市に棚田米への感謝のお手紙

文化・スポーツ

ローマ法王から平戸市に棚田米への感謝の気持ちや市民への励ましのお手紙が届きました。

平成29年(2017年)11月3日に、バチカン市国(サン・ピエトロ大聖堂)において、コマストリ枢機卿を通じ、ローマ法王へ春日の棚田米などを献上するとともに、法王あての親書を託しました。

同年12月2日付けで、法王からバチカン国務省担当補佐官を通じて、平戸市へ励ましのお手紙が届きました。
手紙には、法王が平戸市からの親書や贈り物として届けた春日の棚田米などに対する感謝の気持ちや、「先祖から受け継がれてきた文化遺産などから、今後も励みを得ることを願っている」ことなどが書かれていました。

ローマ法王からの手紙

ローマ法王からの励ましのお手紙

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る