本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度


後期高齢者医療制度

健康・福祉

後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度とは、少子高齢化に伴い高齢者医療費が増大する中で、現役世代と高齢者世代の負担をわかりやすくし、高齢者の皆さんが安心して医療を受けられるよう国民全体で支えあうしくみです。

平成20年4月1日から開始されました。

対象者について

75歳以上の人(75歳の誕生日から)

国保や、職場の健康保険、共済組合、船員保険などの被保険者本人、および被扶養者も75歳の誕生日から後期高齢者医療制度の被保険者となります。

65歳以上75歳未満の人

一定の障がいがあり、長崎県の後期高齢者医療広域連合の障がい認定を受けた人で、下記の条件に該当し、申請して認定を受けた人

  • 身体障害者手帳(1級~3級、4級の一部)の所持者
  • 療育手帳(A1、A2)の所持者
  • 精神障害者保健福祉手帳(1級、2級)の所持者
  • 国民年金の障害年金(1級、2級)の受給者

運営について

後期高齢者医療制度は長崎県内すべての市町が加入する「長崎県後期高齢者医療広域連合」が運営主体となり、保険料の決定、被保険者の認定、医療を受けたときの給付などを行います。
市では保険料の徴収、申請や届出の受付、保険証の引渡しなどの窓口業務を行います。

お問い合わせ先

市民福祉部 市民課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る