本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 後期高齢者医療 > 給付 > 全額自己負担で支払ったとき(療養費)


全額自己負担で支払ったとき(療養費)

健康・福祉

下記のような場合で、医療費の全額を自己負担でお支払いされた場合は、申請により保険給付分が払い戻されます。
申請書は市役所又は支所・出張所の窓口に備えておりますので、「申請に必要なもの」をご持参いただき、窓口でお手続きください。

療養費の種類および必要な書類
療養費の種類 申請に必要なもの
急病や事故などで、やむをえず保険証を持たずに診療を受けた時 診療報酬明細書(レセプト)原本
領収書(コピーでも可)
保険証
個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
印かん
口座の確認ができるもの
医師が必要と認めて、コルセット等の補装具を装着したとき 補装具を必要とする医師の診断書(意見書)・証明書
領収書(コピーでも可)
保険証
個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
印かん
口座の確認ができるもの
海外渡航中に治療を受けたとき
(治療目的の渡航は除きます)
診療内容明細書とその翻訳文
(翻訳者の住所・氏名の記載)
領収明細書とその翻訳文
(翻訳者の住所・氏名の記載)
領収書(コピーでも可)
パスポート等、渡航期間が確認できるもの(コピーでも可)
保険証
個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
印かん
口座の確認ができるもの
医師が必要と認めるはり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けたとき
(代理受領を除く)
医師の同意書
往療内訳書(往療がある場合)
領収書(コピーでも可)
個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
印かん
口座の確認ができるもの
骨折やねんざなどで柔道整復師の施術を受けたとき
(受領委任を除く)
施術料領収書(コピーでも可)
保険証
印かん
口座の確認ができるもの
輸血に生血を使ったとき 医師の証明書
領収書(コピーでも可)
個人番号通知カードまたはマイナンバーカード
印かん
口座の確認ができるもの

お問い合わせ先

市民福祉部 市民課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る