本文へ移動


トップ > 産業・ビジネス > 農林業 > 鳥獣被害対策 > 鳥獣被害対策の概要


鳥獣被害対策の概要

産業ビジネス

平戸市のイノシシ対策

平戸市では平成10年にイノシシがはじめて捕獲されて以来、捕獲数が爆発的に増加し、平成27年度は過去最高の5,028頭の捕獲に至りました。

海を泳ぐイノシシ

海を泳ぐイノシシがたびたび目撃されています。(平戸海上保安署提供)

平戸市では離島部でもイノシシが増えて、農作物に被害を与えています。

 

平戸市のイノシシ捕獲頭数推移

【防護】【捕獲】【棲み分け】の3対策を推進

平戸市では、イノシシによる「農作物被害」「生活被害」を減らすために、【防護】【捕獲】【棲み分け】の3対策を柱に事業を推進しています。

特に、平戸市では

  • のべ延長1,600kmに及ぶ「防護柵の整備」
  • 年間5,000頭を超える「捕獲強化」
  • 28チーム、捕獲1,000頭を超える「捕獲隊の活動」
  • 全国に先駆けた平戸市独自の「まちなか対策事業」

など全国でも有数の取組みを行っており、「農作物被害金額」は、ピーク時の3分の1程度に減少しています。

イノシシによる農作物被害金額

平戸市鳥獣被害対策実施隊員の紹介

平戸市では、猟友会から推薦を受けた鳥獣被害対策のエキスパートを、「平戸市鳥獣被害対策実施隊員」として3人任命し、住民に対するイノシシ被害対策の指導や、捕獲技術の普及、まちなかパトロール、緊急時の出動などさまざまな活動を行っています。

実施隊員の打合せ風景

毎週月曜日に打合せを行い、イノシシ対策の作戦を練っています。

イノシシ被害パトロールの状況

イノシシパトロール実施中です。

実施隊員が捕獲したイノシシの画像

実施隊員がまちなかで捕獲したイノシシ。

実施隊員による箱わな設置指導

実施隊員によるイノシシ捕獲用箱わなの設置指導。

お問い合わせ先

農林水産部 農林課 農山村対策班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3936

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る