本文へ移動


トップ > 産業・ビジネス > 農林業 > 鳥獣被害対策 > 捕獲活動


捕獲活動

産業ビジネス

猟友会との連携で捕獲強化

平戸市では市内に所在する平戸猟友会、田平猟友会と連携して捕獲活動を強化しています。

捕獲されたイノシシの画像

平成10年にはじめて平戸市でイノシシが捕獲されて以来、爆発的に捕獲頭数が増え、平成27年度には5028頭ものイノシシを捕獲するに至っており、全国でもトップクラスの捕獲頭数となっています。

イノシシ捕獲頭数の推移グラフ

捕獲従事者(猟友会会員)の活躍

平戸市の捕獲従事者は平成28年7月1日現在で98人が活動しています。

捕獲従事者数の推移のグラフ

捕獲従事者の高齢化が進んでいるので、新たな従事者の確保が急務となっています。

捕獲従事者の年齢構成のグラフ

平戸市の捕獲従事者になるためには

  • 狩猟免許を取得する。
  • 平戸猟友会、田平猟友会に入会する。
  • 1猟期狩猟の経験を積む。
  • 平戸猟友会長、田平猟友会長の推薦を受ける。

などの条件があります。(詳しくは、鳥獣被害対策班までお問合せください。)

平戸市の捕獲報奨金制度

捕獲従事者となり、イノシシなどの有害鳥獣を捕獲した場合、捕獲報奨金を受け取ることができます。
(注)所定の捕獲確認手続き等が必要です。

捕獲隊も活躍中

平戸市では狩猟免許を持たない従事者容認事業(捕獲隊設置)を推進しています。

捕獲隊とは、狩猟免許を持つ捕獲従事者をリーダーとし、狩猟免許を持たない人でもリーダーの補助者として捕獲活動に参加することを認める制度です。

平戸市では全国に先駆けて平成18年度より同事業を導入しました。

平成27年度には、捕獲隊チーム数は28チーム、捕獲頭数は1256頭にも上っています。

捕獲隊のチーム数と捕獲頭数の推移のグラフ

狩猟免許試験について

長崎県では年2回狩猟免許試験が行われています。(6月、1月ごろ)

試験の期日が近まりましたら、要項などを掲載します。

お問い合わせ先

農林水産部 農林課 農山村対策班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3936

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る