本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 医療費の自己負担割合


医療費の自己負担割合

くらし・手続き

医療費の自己負担割合について

医療機関で受診をした際に、窓口で支払う医療費の自己負担割合は下記のとおりとなります。

医療費の自己負担割合
現役並み所得がある人 一般の人
70歳から74歳までの人 3割負担 2割負担
未就学児 2割負担
上記以外 3割負担

※75歳以上の人は、後期高齢者医療制度に加入することになります。後期高齢者医療制度はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

70歳から74歳までの人の自己負担割合について

国民健康保険制度においては、70歳から74歳までの被保険者(以下「被保険者」という。)の自己負担割合については、毎年8月1日現在における被保険者の属する世帯の状況と当該年度(4月から7月までは前年度)の住民税課税所得額(各種所得控除後の所得額)により判定しています。

なお、有効期限内でも、世帯の状況や所得の更正等により、自己負担割合が変わることがあります。

 

現役並み所得者の判定基準について

住民税課税所得額(各種所得控除後の所得額)が145万円以上ある被保険者およびこの人と同じ世帯の被保険者は「現役並み所得者」として3割負担となります。

 

国民健康保険基準収入額適用申請について

現役並み所得者と判定された場合であっても、前年(4月から7月までは前々年)中の収入額が下記の要件に該当する場合、申請をしていただくことにより、2割負担に変更することができます。

  • 同一世帯に被保険者が1人の場合、被保険者本人の収入額が383万円未満のとき。
  • 同一世帯に被保険者が複数いる場合、被保険者全員の収入額の合計額が520万円未満のとき。
  • 同一世帯に被保険者が1人の場合で、被保険者の収入額が383万円以上であっても、同一世帯の後期高齢者(旧国民健康保険被保険者に限る)を含めた収入の合計額が520万円未満のとき。

申請に必要なもの

  • 基準収入額適用申請書
  • 国民健康保険被保険者証
  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)

お問い合わせ先

市民生活部 健康ほけん課 国保年金班

電話:0950-22-9124

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る