本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 入院時生活療養費(療養病床)


入院時生活療養費(療養病床)

くらし・手続き

入院時生活療養費(療養病床)について

療養病床に入院する65歳以上の人は食費と居住費について次の標準負担額を支払い、残りは市が負担します。

療養病床入院時の生活療養費
区分 食事代 居住費
1、住民税課税世帯 入院時生活療養(1)(注1)を算定する医療機関に入院している人 1食 460円 1日 320円
入院時生活療養(2)(注2)を算定する医療機関に入院している人 1食 420円
住民税非課税世帯 2、70歳未満 1食 210円
(申請日から過去12ヶ月以内の入院日数が90日を超えると1食160円)
3、70歳以上(低所得2(注3))
4、70歳以上(低所得1(注4)) 1食 100円

(注1)「入院時生活療養(1)」:管理栄養士または栄養士による管理が行われている生活療養について一定の基準適合しているものとして地方社会保険事務局に届出をしている医療機関
(注2)「入院時生活療養(2)」:入院時生活療養(1)に該当しない医療機関
(注3)「低所得2」:住民税非課税世帯の人(低所得1以外の人)
(注4)「低所得1」:住民税非課税世帯で、各所得から必要経費・控除を差し引いたときに0円となる人

2から4までに該当する人は、認定証の申請が必要です。申請により「標準負担額減額認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付しますので、入院されている医療機関に提示してください。
やむを得ない理由により認定証を提示できず、減額されていない一般の食事代を支払った場合は、申請により差額を支給します。

お問い合わせ先

市民福祉部 市民課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る