本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金制度


国民年金制度

くらし・手続き

国民年金について

国内に住所がある20歳から60歳未満のすべての人は、国民年金に加入することになっています。国民年金は、老後の生活を支えるだけではなく、病気やケガで障がいが残ったときや生活を支えていた一家の働き手が亡くなったときに、本人や家族の生活を守ってくれる制度です。

被保険者の種類と保険料の支払い方
種類 対象 保険料の払い方
第1号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者、農業従事者、学生、無職の人など
納付書または口座振替で支払います。
第2号被保険者 会社員や公務員など、厚生年金に加入している人 給与から天引きされます。
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者 第2号被保険者が加入している年金制度が負担します。
任意加入者 次に該当する人
・厚生年金に加入していない60歳以上65歳未満の人
・海外に在住している日本人で20歳以上65歳未満の人
口座振替で支払います。

保険料額

  • 令和3年度 月額16,610円
  • 令和4年度 月額16,590円

前納制度

保険料が割引になる前納制度もあります。

※前納制度のほか、当月分を問う月末に払う早割制度このリンクは別ウィンドウで開きますがあります。口座振替が対象で、通常より50円割引されます。

お問い合わせ先

市民生活部 健康ほけん課 国保年金班

電話:0950-22-9124

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る