本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 手続き > 令和4年度狂犬病予防注射


令和4年度狂犬病予防注射

くらし・手続き

令和4年度の狂犬病予防集合注射についてお知らせします。

平戸市では、令和4年度も4月から5月上旬にかけて市内各地を巡回し、集合注射を実施します。

狂犬病予防法では、飼い犬の畜犬登録と飼い犬への年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。

添付ファイルの日程表をご確認いただき、最寄りの会場での接種をお願いします。

なお、原則雨天決行としますが、警報発令時、災害発生時、その他やむを得ない状況(市内での新型コロナ感染者増加など)により中止または延期することがあります。その場合、当日午前9時までに防災無線、防災メールにてお知らせしますのでご注意ください。

持ってくるもの

畜犬登録が済んでいない場合

畜犬登録手数料、注射接種料および注射済票交付手数料 1頭あたり合計6,350円

畜犬登録が済んでいる場合

  • 注射接種料および注射済票交付手数料 1頭あたり合計3,350円
  • お知らせはがき・問診票(3月中旬送付)

料金の内訳について

  • 畜犬登録手数料 1頭あたり3,000円
  • 注射接種料 1頭あたり2,800円
  • 注射済票交付手数料 1頭あたり550円

注意事項

  1. 飼い犬には必ず首輪、リードを装着し、犬同士のケンカや注射時の事故防止のため、犬を押さえることができる飼い主の方が連れてきてください。
  2. 各会場とも限られた時間で実施しますので、時間厳守でお集まりください。
  3. 犬の頭数が多い地区・会場では、多少お待たせすることがあります。順番に並び、お待ちください。
  4. 新型コロナウイルス感染症予防のため、飼い主の方は必ずマスク着用の上、ご来場ください。

集合注射の会場に来られない場合

飼い主の都合や飼い犬の体調などにより集合注射に参加できない場合は、動物病院での接種をお願いします。

ノアズアーク動物病院(平戸市)、有川動物病院(佐々町)で接種する場合

動物病院で注射済票を交付しますので、接種後の市への届出は不要です。

3月中旬に市から送付される、注射案内のはがきを動物病院へ持参してください。

上記以外の動物病院で接種する場合

接種時に動物病院で発行される「狂犬病予防注射済みの証明書」と注射済票交付手数料550円を持参し、市役所(本庁または各支所)にて届出を行ってください。

飼い犬が病気のため注射接種が不可能な場合

飼い犬が病気療養中や高齢で歩行困難などの理由により、獣医師に注射接種が不可能と判断された場合は、市へ申し出てください。

注射を受けていない犬について

狂犬病予防注射の接種は、1年に1回受けさせ、市へ届け出ることが狂犬病予防法で定められています。

9月末までに注射接種の届出がない場合、10月以降に再度注射接種についてお願いの文書を送付します。

犬の死亡、転出、譲渡などにより平戸市に犬の所在がない場合、お手数ですが市民課まで届出をお願いします。

集合注射日程のお知らせ

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 生活環境班

電話:0950-22-9121

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)


トップへ戻る