本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 手続き > 飼犬・飼猫に関する手続き


飼犬・飼猫に関する手続き

くらし・手続き

犬の登録について

犬を飼い始めた人で生後90日を経過した場合は、市民課または各支所窓口にて犬の登録をお願いします。
また、飼い主の住所などの変更、飼い主を変更した場合や犬が死亡した場合も必ず届け出をお願いします。

亡くなったペットとペットの持ち込み

犬・猫の死体処理

飼い犬、飼い猫は飼い主の責任においてお願いします。
(注)埋めるときは、必ず所有の土地に埋めてください。

犬・猫を飼えなくなった場合

野放しは絶対にしないでください。次の飼い主をさがしてください。どうしても飼い主が見つからない場合は県北保健所または市民課へご連絡ください。

狂犬病予防注射のご案内

狂犬病の発生とまん延を防ぐため、犬の飼い主には飼い犬に毎年1回、狂犬病予防注射を受けさせることが義務づけられています。
注射を受ける時期は4月から6月が望ましいとされており、市では毎年4月下旬頃に各地区で集合注射を実施しています。
必ず年1回狂犬病予防注射を受けさせてください。また、動物病院では随時受付しています。

迷い犬の保護や返還

県北保健所では、狂犬病予防法により迷い犬を保護することがあります。
保護した犬については、書類にて平戸市役所玄関前掲示板に2日間公示します。

お問い合わせ先

市民福祉部 市民課 生活環境班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る