本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 水道について > 断水したら


断水したら

くらし・手続き

断水したら

水道管の破損やポンプなどの故障が突発的に発生し、修理のため一時的に水をとめることがあります。 断水する場合は、緊急の場合を除いて、事前にチラシなどによりお知らせしますので日時等の確認をお願いします。

緊急の場合は、防災行政無線や防災メール等でお知らせします。

断水時の注意

  • 断水の時は、必ず蛇口をしめておいてください。
  • 工事終了後には、一時的に濁った水が出ることがあります。洗管のため水抜きを行いますので、濁った水が出る場合は、しばらく使用を控えてください。
  • 洗管作業が終わった後でも、濁った水が出ることがあります。この場合は、しばらく水を流し、濁りがなくなってからご使用ください。
  • 濁った水が出た場合は、電気温水器・ガス給湯器・全自動洗濯機などは、きれいな水が出ることを確認してからご使用ください。
  • 断水等により損害を生じることがあっても、市は補償いたしません。

濁った水について

断水工事のあとは、急激な流水により濁った水が出る場合があります。

水が赤(茶)く濁る場合

水が赤(茶)く濁る場合

これは、水道管の付着物(酸化鉄等)が原因です。水道管の工事や洗管作業などで断水した後や、長時間水道を使わなかったときなどにでる場合があります。
このような場合は、赤水が出なくなるまで十分に水を流してから使用してください。

水が白く濁る場合

水が白く濁る場合

これは、水道管内に抜けなくなった空気が水と混ざって、乳白色に見えるものです。
水道水そのものに汚れはなく、コップなどに取り、しばらく放置すると空気が抜けて透明になります。安心してご使用ください。

お問い合わせ先

水道局 給水班

電話:0950-22-3838

FAX:0950-23-3647

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)


トップへ戻る