本文へ移動


トップ > くらし・手続き > ごみ・環境 > ごみの処理方法 > 粗大ごみの出し方


粗大ごみの出し方

くらし・手続き

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機など

以前その家電品を購入した販売店、あるいは買い替えの際に新品を購入した販売店に引き取りを依頼してください。

パソコン

家庭から出される使用済みパソコンの回収・リサイクルをする”PCリサイクル”が平成15年10月1日より開始されています。これは、消費者とメーカーが協力しながら、使用済みパソコンを再資源化することにより、廃棄物の削減と資源の有効利用の促進を目指すものです。
処理方法は次のようになります。

  • 平成15年9月30日までにPCを購入した人・・・回収申込+費用支払い
  • 平成15年10月1日以降にPCを購入した人・・・回収申込
  1. PCが不要になったら、製造メーカーに回収を申し込みます。
    (そのときに、郵便局の回収を希望するかしないか伝えます)
  2. 申込を受けたメーカーが、郵便局に回収を指示します。
  3. 郵便局は、回収の指示があれば戸口回収にうかがい、持ち込み希望の場合は最寄の郵便局にて受付をします。
    (注1)簡易郵便局は除きます。
  4. 郵便局に集められたリサイクルPCは、メーカーに配送されます。
  5. 配送されたPCは、各メーカーによって再資源化(リサイクル)します。

対象になるもの

  • デスクトップパソコン(本体)
  • ノートブックパソコン
  • パソコン用ディスプレイ(CRTタイプおよびLCDタイプ)
    (注2)1kg以上のものが対象になります。
    (注3)ディスプレイ一体型パソコンも含みます。
    (注4)メーカー出荷時に同梱されていた標準添付品(マウス・キーボード・ケーブルなど)であって、パソコンと同時に排出されたものは、パソコンの付属品として含みます。

対象にならないもの

  • プリンタ、スキャナなどの周辺機器
  • ワープロ専用機、PDAなど

家庭系パソコンの回収再資源化料金一覧

各PCメーカーホームページおよび(社)電子情報技術産業協会ホームページにて公表しています。

廃タイヤ・廃バッテリー・消火器

収集所への排出、北松北部クリーンセンターへの持ち込みが禁止されています。

家電4品目について

有料回収します。メーカーに回収を申し込むか、郵便局にて再資源化センターに配送する。

その他の処理困難物

  • プロパンガスボンベ
  • 高圧ガスボンベ
  • 消火器
  • 塗料
  • 石油類
  • 廃油
  • 火薬類
  • 農薬
  • 薬品類
  • 劇薬
  • 毒物
  • PCB
  • アスベスト製品
  • 木ノ幹
  • 伐根
  • 繊維強化プラスチック(FRP)の浴槽
  • 金庫
  • 温水ボイラー
  • ピアノ
  • オートバイ
  • 業務に用いられたロッカー・机・その他日常用具
  • 建築廃材(新・増改築に伴う廃材、塗料缶、残土、がれき類)
  • 自動車部品(タイヤ、バッテリーを含む。)
  • 農機具類
  • 自動販売機
  • 冷凍ショーケース類

(注5)産業廃棄物や特殊な処理を必要とするものについては、市で処理することができませんので、産業廃棄物処理業者か購入店に処理業者を確認してください。

お問い合わせ先

市民福祉部 市民課 生活環境班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る