本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 暮らし・住まい > 道路と交通安全 > 交通安全について > ハンドルキーパー運動


ハンドルキーパー運動

くらし・手続き
ハンドルキーパー運動

ハンドルキーパー運動とは…

 「お酒を飲む会合や催し物などに出席する際、あらかじめお酒を飲まない人を指定しておき、指定された人はワッペンなどの目印をし、お酒を一切飲まずに(周りの人はお酒を勧めずに)、同席者を無事に自宅などまで送り届ける」というもので、現在全国で展開されている飲酒運転追放運動です。

祭事や催し物、生活の中の節目においてお酒を飲むという風習は、長い歴史を通じて日本人の文化の中に浸透しています。
しかし、飲酒をしたうえで車を運転することは許されません。

少しでもお酒を飲んだら、絶対に車を運転しないという「けじめ」をつけることが大切です

お問い合わせ先

総務部 総務課 危機管理班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-5178

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る