本文へ移動


トップ > 行政情報 > フォトギャラリー > 平戸北部 > 幸橋


幸橋

行政情報

その昔、城と城下町との往来は船であった。 1669年(寛文9)第29代鎮信が、そこに木橋を架け幸橋と呼ばれた。 1702年(元禄15)第30代棟が、これを石橋に改架した。 これを別名「オランダ橋」という。 これは、1600年始めオランダ商館の石造り建築に従事した石工、豊前からオランダ技法を伝授された石工によって架橋されたからだという。 巧みに巨石をたたみ半月弧を描き美しい。 1984年(昭和59)前面解体して改修復元され、同時に幸橋御門も復元された。 2014年に愛の聖地として、日本ロマンス遺産より認定されました。

幸橋画像01

拡大

幸橋01

ダウンロード

幸橋画像02

拡大

幸橋02

ダウンロード

幸橋画像03

拡大

幸橋03

ダウンロード

フォトギャラリー使用規約

掲載されている画像の著作権は、すべて平戸市にあります。
当市に許可なく画像またはその複製物を、二次転載・二次配布しないでください。
掲載されている画像は個人で使用する目的以外で使用しないでください。
上記目的以外に画像を使用したい場合は、平戸市までお問い合わせください。
万一、画像の利用により問題や不利益などが生じたとしても平戸市は一切の責任を負いません。

閉じる

お問い合わせ先

総務部 人事課 秘書広報班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-2419

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る